1_0070IMG_1363ロッキー山脈の朝
2日めの宿泊地Driggsからグランドディトンに向かう途中、山をいくつか越えて行きます。そのときの写真です。下に雲海が広がり、奥にはロッキー山脈があります。日本でも似たような景色が見られますが、スケール感が全然違います。
 
1_0080IMG_1377グランドティトン国立公園
素晴らしい山脈のグランドティトンです。あまりにも綺麗で合成したようにも見えます。また、2000m前後の高さにある場所に、これだけの広い平原があるのも驚きです。正直、現地に行くまで何の下調べもしていなかったので、このアルプス地形にはものすごい衝撃を受けました。
1_0090IMG_1419イエローストーンの間欠泉
イエローストーンでもっとも有名な間欠泉、Old Faithfulです。吹き上げ間隔も1〜2時間と短いため、簡単に見られます。結構多くの人が見に来ていますが、我々の様に、ビデオや写真を採っている人はほとんどいませんでした。写真はどこでも見られるので、直接見て楽しむのが現地の人の考えなのかもしれません。
1_0100IMG_1444 Sapphire Pool
小さめの間欠泉、温泉がいくつかある短めのトレイルです。温泉とは思えないほど澄んでいます。写真ではわかりにくいのですが、深さも相当なものです。
1_0110IMG_1459 Shell Geyser
ものすごく近くで見られる小型の間欠泉、Shell Geyserです。2,3分間隔で吹き上げるのですが、不思議と何度見ても飽きません。また、なぜか一番記憶に鮮明に残っています。今思うと、ここが旅の折り返し地点だったと思います。
 
1_0120IMG_0703イエローストーンの滝
名前は忘れてしまいましたが、結構な数の人が車を止めて見学をしていた滝です。写真ではそれほど大きく感じませんが、実際はかなりの大きさです。イエローストーンはちょっと車を止めるだけで、そこそこの景色のある場所を見ることが出来ます。全部を見るのは無理ですが、私たちが納得するには十分な量の景色を堪能する事ができました。
1_0130IMG_0714 ガソリンスタンド
イエローストーにあるガソリンスタンドです。アメリカのスタンドはセルフが基本です。しかもちょっと田舎になると、勝手に給油して入れた量も自己申告です。ガソリンスタンドに限らずですが、日本に比べてずっとお客を信用している様なシステムになっています。言い方を変えれば、盗み放題という感じです。治安の悪い地域では強盗対策などはしっかりされていますが、それも従業員の命を守るためで、盗難から守るという意味ではありません。ちょっと意外な感じですが、罪の文化がそうさせるのでしょうか。
1_0135P1000884     

カーオーディオとカーナビ
アメリカのカーオーディオはシンプルでMDとかはついていません、ラジオとCDが主流です。MP3は再生出来る場合が多いので、音楽好き人は大量に焼いて持って行くのも悪くないと思います。ただMP3対応か否か事前にはわからないので、ちょっとした賭ですが・・・ となりにあるのが我々が酷評したカーナビです。機能が少ないのはいいとして、エンジンを止めたら目的地が消える。音量設定が勝手に最大に戻る、等々信じられない様な問題がいっぱいあります。ただ、これがないと州境がどの辺にあるかや、目的地までの距離がわからないので、実は相当お世話になりました。